4615 10インチスパイラルキット

5インチのスパイラルキットは通販のベストセラーです。
運動会や文化祭の飾りつけに大きなスパイラルを作りたいとの希望が多いので、10インチのキットを作りました。
風船のお値段プラス600円で、テグス12m、ハンドポンプ2本がついた大変お得なセットです。
10インチの風船200個で、9m前後のスパイラルができます。


★キット内容★

10インチゴム風船 200個
色により値段が違います。
スタンダード:¥1000/100個
パステル・クリスタル:¥1100/100個
パール:¥1300/100個
カラーはこちらをごらんください


テグス12m
ハンドポンプ2本
以上で風船+600円の値段!(税込み・送料別)

写真はスタンダード白とクリスタルサファイアブルーの組み合わせで¥2700となります。

キットはディスカウントの対象外となります
今なら日本バルーン協会監修のバルーンデコレーションリーフレットをおつけします。
「スパイラル」はもちろん、「ビーハイブ」や「バルーンフラワー」の作り方などが懇切丁寧に解説されています。

スパイラルの具体的な作り方は、こちらをご覧下さい。
スパイラルのカラーバリエーションを見たいならこちら

実際にSAGスタッフがハンドポンプ2本を使い、5人で作って見ました。
一人がハンドポンプを使い、白の風船を膨らませます。
10インチの風船ですと20往復程度です。
もう一人がその風船を受け取り、大きさを揃えます。
写真は専用の「サイザー」を使ってますが、ダンボールを丸くくりぬいたり、椅子を2つ使ったり、工夫してください。
大事なのは、「実際に使う風船を膨らませて大きさを決める」事です。
気温やロット、風船の色により同じサイズの風船でも膨らむ大きさは違ってきます。
二つ風船を受け取ったら口同士で結びます。
別のチームは青い風船を膨らませます。
最後の一人が青と白の風船を絡めて4つ玉クラスターにし、テグスにからめます。
勢いよく風船を滑らせると摩擦で風船に穴があいてしまいます。
「滑らせる距離を短く」、「ゆっくりと」がコツです。
慣れれば1時間程度で200個の風船をスパイラルに仕上げられます。
コラム(円柱)を作るには、ホームセンターで塩ビパイプを買ってきます。
パイプに絡めるにはなるべく風船の口の端同士を結ぶようにしましょう。
できあがり。
たった80個の風船でこのボリューム!


お勧め!!
フラワーインフレーターを使うと劇的に楽です。


戻る